産休に入って、平日家にいるという生活

産休に入って、平日家にいるという生活

学生時代ぶりというか、ある意味初めて、平日にうちにいるという生活を始めました。ある意味ニートですが退職したわけではなく、会社から産休を頂きまして。あと6週もすれば、(おそらく)女の子を出産する予定です。


先月プチ引っ越し(超近場)をして片付いていないのでそれをやらなきゃいけないので、別にやることがないわけではないですが、(ていうか家事をまず、すべき)会社いかないでどうやって一日過ごしていいのかそわそわします。

父が亡くなってから今年の秋で7年になるわけですが、子供を授かれば、なんだか自分が救われる気がして無性に焦ってみたり変に思いつめてみたり、学生時代からやたら育児とかに興味を持ってみたり、思い起こすと非常に恥ずかしい思い出なのですが、いざ授かってみると、嬉しいのはもちろん、初期は10人にひとりが流産の可能性とか、安定期でも切迫ナントカの可能性とかとにかく不安が絶えず、なんかもう気が気でなくてあんまりここには書けないでいました。

ありがたいことに何事もなくここまで来れたし、産休にも入ったしで、誰かの役に立つのかもしれないし、今までの経過を思い出しながら書いてみようかなーと思います。

去年の3月に、実家で飼っていたポメラニアンのベルという名前の犬が亡くなりました。14歳だったかな。私が小学生のときに我が家に来た子です。可愛い子でした。

その翌月、兄の家に可愛い姪っ子が生まれています。亡くなる命があれば一方で新しい命が増えていくから、乗り越えられていく気がします。

なんちゃってポエムを書いて、陣痛の恐怖を紛らわすの術。

がんばります。

公開日:2010/06/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトはスパム対策のため Akismet プラグインを利用しています。コメントデータの処理方法はこちらをご参照ください。

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)