妊娠するまでのことを振り返る

妊娠するまでのことを振り返る

実際妊娠したのは結婚して1年経ったあたりだったので、全然遅くはなかったんだけども、なんかもういろいろ気になって仕方がなかった。


お互いの親に急かされているわけでもなかったけど、自分自身が、早く出来たらいいなと思っていただけに、周りで結婚後すぐに妊娠、出産という人が結構いたり、結婚してるというただそれだけで、「子供はまだ?」と聞いてくる人も多くて(もちろん社交辞令だし悪気がないのは重々承知だけども)、勝手に自分で焦ってました。

学生時代から生理がきちんと来るほうでなく、生理痛も重かったことからここ数年はピルを服用していて、結婚して辞めたといういきさつもあります。(ピル服用辞めてから正常な生理が来るまで数ヶ月かかるらしいので)

でも、ピルすごく良かったよ!!!

  • ホントにきっちり28日で来るから、旅行とか予定がたてやすい
  • 生理痛がすごーく楽になった(前は、鎮痛剤飲んでも死んでた)
  • 生理前のイライラとかもなかった気がする

ホントに良いものだったので、生理痛辛い人とかオススメしたい。お医者さんも、今のは昔のものよりすごく良くなってるんだけど、太るとか副作用が・・・っていう昔のイメージを持ってる人が多いって言ってました。服用を辞めればちゃんと妊娠もできました。

脱線しましたが、とにかく気にしてたので、会社の先輩に促され、行きつけの婦人科に相談してみることに。そこで、タイミング法っていうのをやってもらいました。

  • 毎朝基礎体温を測ってグラフにする
  • 一般的に言われる排卵日の数日前にお医者さんに診てもらう
  • お医者さんが排卵日を予測してくれる

素人が予測するより、体液の成分とかでかなり確実に排卵日特定出来るらしいです。すげー!医者、すげー!!

でも、そこでお医者さんに聞いた話、排卵日当日に子作りしても、妊娠する確率は1/4だそうな。思ったより低・・・。逆に、狙わずに出来ちゃうってすごい確率なのに、出来ちゃった婚がすごく多いことにもダブルの驚き。

欲しいと思うと出来なくて、何も思ってないと出来ちゃうものなのかなー、と。ホントに。シュウカツとかコンカツとかあるけど、これだって立派なニンカツ(妊娠活動。勝手に命名)だよなー。

私はちなみにこのタイミング法の、2回目で妊娠しました。

1回目は、1/4の確率と聞いていたけどもとにかくお医者さんの介入により期待が高まってしまって、次の生理まで待てずに妊娠検査薬を使ってみたり、なんか具合悪いような気がして、「もしや!?」とか思ってみたり(完全に思いこみ)だったので、あっけなく生理が来たときは結構凹んでしまいました。今思えば笑えるのですが。

2回目のときは、前回のこともあったので気にしないように言い聞かせていたんですが、いかんせんホントに具合が悪い・・・。もしや・・・いやでも前回みたいに、ただの思いこみかもしれない・・・とか思いつつ、妊娠検査薬の反応が出るまで(2週間くらい待たないと出ない)ひたすら待ちました。どんどん悪くなっていき、顔色が悪いが大丈夫か、と職場の人に心配されるも、まだ妊娠してるかも分からないのに何か言うわけにもいかず、これでもし妊娠じゃなかったら違う病気なんじゃないかとヒヤヒヤして、やっと検査薬に反応が出たときには、嬉しい!という気持ちと共に、良かった・・・と、なんだかほっとしました。

想像では、検査薬に陽性が出た時は、テンション上がって小躍りでもするかと思ってたのに、実際はなんだか、ああよかったなぁ、ホントなのかなぁ、みたいな感じでした。でも仕事から帰ってきた夫が喜んでくれたのを見て、そのときにじわじわとテンションが上がって嬉しくなってきたのを覚えています。

ここまでが、妊娠するまでのお話でした。

公開日:2010/06/21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)