2010年10月:11件
2010
10
28

ゆうべ、夫が会社の人から着なくなったベビー服を貰ってきた。けっこうたくさんあって、うきうきしながら見せてもらったら、着ぐるみ発見。

着ぐるみ+我が子補正=ものすごい破壊力

わかってる・・・他人から見ればたいしたことないなんてこと、わかってる!しかし独身の頃の想像していた時以上の破壊力だ。これはヤバいぜ。

この申し訳程度に垂れ下がった感じがまた・・・!

2010
10
26

娘は、まだ入院中の時、乳の出が悪かったのか飲むのに慣れていなかったせいか(両方かも)、体重が標準より少し減ってしまっていました。そして退院時に、しばらくは直乳(直接おっぱいに口をつけて飲ませる)以外に、搾乳(母乳をしぼったもの)を一定量プラスで飲ませるように言われていました。

夜な夜な、搾乳器で乳をしぼる。これがけっこう大変で、眠いし痛いし毎回洗って消毒するのもまた。(ミルク混合の方は洗浄と消毒を毎回やってらっしゃるかと思うと・・・)

しかし、徐々に一度に直乳で飲める量も増えてきて、一ヶ月検診の時には搾乳の卒業ができました。もー、おっぱいから直接飲むオンリーだと、ホントに楽で!!ありがたかったです。

ところが、先日法事がありまして、夫の実家に娘を預かって頂くことに。

今まで、買い物で1時間程度なら何度かお願いしてたんですが、4時間はみてもらわねば・・・。ということで、久しぶりに搾乳器を消毒して、朝からしぼる。しぼる。泣いてご迷惑かけてはいかん、余ってもいいから多めにとっておこうと、頑張ってしぼる。

そしてお願いし、戻ってきてみると全然飲んでいなかった。

お義母さん曰く、「ちょっと泣いたからあげてみたけど押し戻しちゃったの」ということらしく。

タイミング良く泣き出して、今度はさすがに空腹だろうと、あげてみる。

全力拒否。ギャン泣き。

しばらく格闘したものの、諦めて直接おっぱいをあげたら、待ってましたといわんばかりの食いつきぶり。これはつまり・・・おっぱいに慣れちゃってほ乳瓶じゃ飲めなくなっちゃったんだ・・・orz

私の大量の血液、グッバイ。(母乳は血液からつくられてるそうです)あまりにもったいなくて牛乳代わりに料理とかに使えないかとか迷いましたが・・・、さすがにやめました。

2010
10
12

ここ最近目が見えてきて、だいぶ笑うようになってきた娘。私の顔を見るなり、笑顔を向けてくれます。

ハハハこやつめ!!可愛いのう!!もうお母さんがわかるのかい!

でも全然誰も見てないとこでもすげー笑ってた。

2010
10
07

劇団四季のライオンキング、好きで過去に数回見たことがあります。(キャッツもすげー好きです)最初に見たのは高校生の頃だったか・・・。CDも借りて、ミュージカル中の曲は全部歌えるくらいには結構好きです。

ライオンキングといえば、CMとかテレビとかでも有名な、占い師的なポジションのマントヒヒが、新しく産まれた王様の子供を丘の上で掲げるシーン。

こんな感じの。(絵は適当ですが)ミュージカルでは、曲のラストの、ホントに「どんっ!」と音が鳴るところで掲げるので非常に心に残る名シーンです。

話は変わりますが、モノも言えぬ赤子とふたりきりの時間が長いと、若干おかしな行動をしてみたくならないですか。

そんなときはライオンキング。

オープニングの、Circle Of Lifeを頭から歌います。

ナーーーンツィゴンニャーータバミービマバーーーーー(歌詞はフィーリングで)
(中略)
いーのーちーはめーぐるーぅうー、The Circle Of life・・・

わりと楽しいですよ。

2010
10
05

兄に勧められたのを義弟さんに話したら、持っていたのを譲ってくれました。

普通のだっこより寝付きが早い!あと、ヒザの負担が少ないので子供が大きくなってからも良いらしい。オススメ!!

でも、いざ座るときに

逃げていくことがあるので要注意です!!(昨日しりもちをつきました。娘は無事でした。めっちゃキョトーンとしてた。)

2010
10
04

先月の話ですが、生後一ヶ月ごろのお宮参りに行ってきました。

せっかくなので、神社できちんとご祈祷をしてもらうことに。近くの写真スタジオで撮影すると服も貸してもらえるみたいなので、当日は出発ギリギリに乳を飲ませ、まず撮影に向かいました。写真屋さんのおねーさんと混ざって必死に娘の気を引くこと30分、

こんな感じのを合わせて数ポーズ撮ってもらいました。

そして神社へ移動、母・義父母と合流。ご祈祷前に若干ぐずり始め、もう一度乳を飲ませたかったのですが呼ばれてしまい、10分くらいだから我慢してくれ!!と祈りながら開始。神主さんがお祈り(?)を詠み始めたところで、限界。

ご祈祷の合いの手のように入る泣き声。焦る私。

しかしここで娘を抱いていたお義母さんから救いの手が。
「おしゃぶり持ってる?」
そうだ、持ってた!!忘れてた!!

素晴らしい威力!!おしゃぶりスゲー!!

しかし荘厳な雰囲気の中、響き渡るしゃぶり音。

いやでも、何かの役に立つかと夫が買ってきてくれていたおしゃぶりがこんなところで絶大な威力を発揮するとは思いませんでした。


back to top