一度死を覚悟すると、その後の人生を幸せに感じられるのかも

一度死を覚悟すると、その後の人生を幸せに感じられるのかも

昔のことなのですが、過去に死を覚悟した体験のおかげでいろんなことが変わったことを思い出したので、感じたことを書いてみようかなと思いました。


死を覚悟した時の話

20歳になったばかりの時に父が急逝し、ショックの真っただ中で体調不良→そりゃこんな精神状態だからな、とりあえず病院へ→その場で町医者から大きな病院に搬送、緊急入院→手術、ということになったことがありました。

普通の精神状態なら根拠もなく「きっと大丈夫」と思えたのかもしれませんが、父はどんなに私たち家族が「きっと大丈夫」と祈っていてもダメだったんです。とてもじゃないけど「大丈夫」と思えませんでした。わたしも死ぬのかもしれない、ということを肌で感じました。

父のことすら受け止められていなかったのに、突然すぎて最初はぼうっとしてものが考えられませんでしたが、じわじわと恐怖が襲ってきました。真綿で首を締められるってああいうことを言うんでしょうかね。大声で叫びたかったです。叫んで、泣きたかった。でも病院だからそれが出来なくて辛かったです。

そもそも私が入院したとき、誰よりも辛かったのは母のはずです。私は詳細も聞かされないまま慌ただしく搬送されてしまったので、その後、着替えや入院道具を持ってきてくれた母を見たときは、一瞬誰か分かりませんでした。やつれていて、冗談じゃなく20歳くらい老けて見えました。あまりにショッキングだったので本人には言っていませんが、未だに忘れられません。

死を覚悟したことで起きた変化

精神的には修羅場でしたが、手術も終わって、どうやら死ななくてもいいらしいぞと思えたとき、心境に変化がありました。

当たり前のことが幸せ

本当に、“生きていること”が素晴らしく幸せに感じるんです。それこそ、窓の外の景色が綺麗だったり、風が吹いたりするだけでも。今までにもそれが素敵なことだと思っていたことが、格段に素晴らしく感じるんです。

親や友人、周りの人への感謝が増幅

生きていられるのは、みんなのおかげです。死ぬことを考えたとき、あの時、あんなひどいことを言ってしまったとか、あの時のことをまだ謝ってなかったとか自己嫌悪に陥ってメソメソしてしまいましたが、生きているんだから謝ることだってお礼を言うことだってできます。親孝行だって、(父の分まで)できます。

生きていくことへの恐怖が和らいだ

当時大学2年生で、就職活動を目の前に、漠然としたとてつもない恐怖がありました。就職難とか言われてるのに就職、出来るんだろうか。出来なかったらどうなるんだろうか。社会に出てやっていけるんだろうか。ちゃんと生きて行けるんだろうか、って鬱っぽく思ってました。

でもここで、お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか、そういうのじゃなければ、地道に頑張れば、生きていくことは、できるんじゃないかなぁ、ってなんだか思えたんです。

あの頃のわたしには、「生きていくこと」が途方もなく難しいことに思えていました。でも、「死ぬ」ことよりも悪いことなんてないんだから、「死ぬほど」がんばれば、「生きていくこと」くらいは、難しくないことなのかもしれない、と。なんだか、変な言い回しですが…。

伝わるかは分かりませんが、ハチミツとクローバー(9巻)の竹本君が、自転車で日本の先端まで行って帰ってきたとき、こういう台詞がありました。

でっかいものを作ろうとして
はじめて知った
でっかいものを作るには
それよりでっかい足場を組む作業が必要な事
そしてその作業は地味で
単純で果てしない事

でも
なんか
今は大丈夫なんだ

稚内まで自転車で走ったって言うと
みんな「スゴイ」って驚いてくれるけれど
僕はただ
左右交互にペダルを踏んだだけ
右 左 右 左
ただ果てしなく

それを知ってるから
もうボクは大丈夫

これが、すごくぴったりきます。

すごくどうでもいい余談なんですが、入院中の私の心を癒して救ってくれたのが、スピッツの「スピカ」という曲でした。それが、ハチクロのアニメの、上記の竹本君のシーンで流れた時はホント、私のための演出なんじゃないかとw 神が現れたかと思いました。・゚・(ノД`)・゚・。

あと、漫画の話ばっかりで恐縮ですがハガレン6巻の無人島のところも。

死を肌で感じることで、世界の大きさに対して、自分の命がどんなに小さいものだったのかがようやく分かった、というか。自分の存在の小ささを適切に理解できたからこそ、地に足がついた感じがする、というか。

自分の人生に腹を据えられた

こんなに小さな自分の人生なんだから、自分自身でどうにかできるかもしれない…という、なんだかよくわからない自信?を持てるようになった気がします。あの当時は、年齢的には成人していたとはいえまだ精神的に子供で、ふらふらしてたもので。

子供を産むことができたことが幸せ

私の娘は現在1歳9ヶ月ですが、無事授かって、産むことが出来て本当にありがたく思っています。身内を亡くしたり、自分の死を覚悟したりした経験を踏まえての、妊娠・出産という経験は非常に神秘的でした。

自分の体の中で、もう一つ心臓が動いているという事実。どんどん大きくなって、動いているのが実感できるようになって、お互いに死ぬほど痛い思いをして(赤ちゃんも産まれる時は痛いらしいです)、産まれてくる。私が女だから経験できたことで、この境遇にも、非常に感謝しています。

最後に

私などより壮絶で辛い経験をした方はたくさんいらっしゃると思います。そんな経験があるからこそ、皆さんはとても「大人」で、他人の痛みが分かる人たちなのだと思います。

とはいえ、言うまでもないことですが、どんな経験があるから偉いとか、辛い経験がなければ駄目とかそんな簡単にくくれるようなものでは決してありません。自分が、自分の人生をどう感じていくかです。これは単なる一個人の独り語りに過ぎません。

公開日:2012/05/09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)