AndroidからiPhoneへの機種変で、SIM切替後なのに旧端末へSMSが届いた問題

AndroidからiPhoneへの機種変で、SIM切替後なのに旧端末へSMSが届いた問題

夫の携帯の話なのですが。結論から言ってしまうと、SMSではなく +メッセージ(プラスメッセージ) という、電話番号を宛先にメッセージを送れるアプリによるものだった、という話でした。それにしたって宛先が番号なのにSIMが切り替わっててなぜ旧端末(Wi-Fi環境有)に届くの??? と、かなり不思議だったので経緯を書き残しておきます。


Wi-Fi環境の旧AndroidにSMSが届く

夫が機種変更をして、ついでに回線もpovo2.0にしました。SIM切り替えした時点で、私の携帯(iPhoneSE2)から通話とSMSを試してみて、新しいほうで送受信できてOKだね~などと言っていたのですが。旧Androidは自宅Wi-Fiを繋いでまだ生きていて、新iPhoneを使って数日経ったところでした。知人からのSMSを旧Androidが受信したのです。えっ、なん…? なんで!?!?

ここまで、アプリの入れ替えなどのSMS認証はすべて新端末に送られてきていました。どうも、特定の人からのSMSだけが旧端末に届く様子。なんで???

SMS、奥が深かった

SMSって、電話番号を宛先にして短いテキストメッセージが送れるやつでしょ? くらいにしか思っていなかったのですが、調べてみたら3種類くらいあるらしくて。詳しくは以下の記事がとてもわかりやすかったです。

私なりにざっくりまとめると、

  • SMS … ショート・メッセージ・サービス。短いテキストしか送れない。各種サービスの個人認証でワンタイムパスとか送られてくるのはたいていコレ。
  • MMS … マルチメディア・メッセージング・サービス。SMSアプリを経由しているけど、実はキャリアメールを使っているとのこと。長文テキストや写真も送れる。
  • iMessage … iOS独自のメッセージ機能で、Apple端末同士で使える。長文テキスト、写真、音声、スタンプみたいなのもある。

とのこと! は~~、でもたしかに、「SMSって文字制限有りでテキストだけなんじゃなかったっけ? 長文や写真送れる人とそうじゃない人がいる気がするな…??」って思ったことはあったんですよね。でも最近は個人間ではLINEでの連絡が多くてSMSをあんまり使わないので、まあいっか、で終わらせてしまっていました。

で、以下の、iPhoneでのデフォルトSMSアプリ「メッセージ」。このアプリでは、上記の3つを自動判別しているそうなんです。

メッセージ
Apple

相手がiOSならiMessageになり、それ以外の端末ならSMSまたはMMSになる、ってことだったんですね。自分からの発言の吹き出し色が青ならiMessage、緑ならSMS/MMS、という判別ができるそうです。メッセージ欄にもグレーで書いてある。まったく気がつかなかった。

今回の例だと、新端末のiPhoneには私からのテストメッセージはiMessageとして届いており、アプリの個人認証などはSMSとして届いていた、ということになります。

iPhoneからAndroidへの変更だと旧端末にSMSが届く現象はあるみたい

ちょっと横道に逸れますが、調べてみると逆の例はたくさん出てきました。

iMessageは電話回線ではなく通信回線を使うそうなので、旧端末でのiMessage設定をOFFにしないと、iOSから送られてきたメッセージがiMessageとして旧端末に届いてしまう事例があるようです。

旧端末に届いたSMSは「+メッセージ(プラスメッセージ)」アプリによる送信だった

で、今回のAndroidからiPhoneへの変更案件なのですが、Androidユーザーの方から「+メッセージ」(以下、視認しやすいように「プラスメッセージ」と表記します)というアプリで送られてきたものということがわかりました。

+メッセージ(プラスメッセージ)
NTT DOCOMO, KDDI, SoftBank

こちらはKDDI、NTTドコモ、ソフトバンクが共同開発した、携帯電話の番号を宛先にLINEのようなやりとりができるSMSの進化版アプリ、というものらしいです。短文テキストのみならSMSとしても送れるし、相手が同アプリを入れている場合は長文や写真などのメディアも送ることができます。当初は3大キャリアのみだったようですが、2021年9月頃から順次MVNOでも使えるようになってきたようで、現在ではpovoでも使えました。

夫が言うには、旧Android端末にプリインストールされていた(auで買ったからかな)のでSMSのデフォルトアプリだと思っていたようです。観測範囲は狭いですが近場のAndroidの方はこれ使ってる人が多いように思えます。

で、結局今回の原因が何だったのか

やっと結論にたどり着きましたが、このアプリ、インストール後の初回認証時に電話番号と紐づけて、それ以降は通信回線でやりとりをするらしいんです。ここまで新端末のiPhoneでは、SMS関係はみんなiOSデフォルトSMSアプリ「メッセージ」が受け取ってくれると思っていたので、「プラスメッセージ」はインストールしていませんでした。したがって、Wi-Fiで生きていた旧Androidくんの「プラスメッセージ」アプリがふつうーに受信してくれていた、というわけです! なるほどね! すげー悩んだよ!!

というわけで、新iPhoneにも「プラスメッセージ」を入れて、認証させれば電話番号の紐づけが新端末に移って、それ以降「プラスメッセージ」から送信されたものは新端末の「プラスメッセージ」で受け取れるようになりました、というお話でした。

SMSまわり、曖昧なまま使ってたんだな~という所感

ここまでの結論にたどり着いて、すでに数年iPhoneを使っていた私は、「おっかしーな、そんなアプリ私には入ってないよ?」などと見てみたら、「プラスメッセージ」しっかり入ってたwww ほとんど受信しないからというのもあるけど、完全に忘れてた。たま~~に、なんかこっちのアプリ経由でメッセージが届く人もいるな?? くらいに思ったことが、そういえばあったかも。

というわけで、SMSよりも情報量の多いやりとりを携帯番号しか知らない人とやりとりしたい、というAndroidユーザーは「プラスメッセージ」を使っている率が多い気がするので、iPhoneユーザーも入れておくと取りこぼしがないかも~! と、思いました。地区とか学校の役員とかだとLINEは知らないけど番号だけわかるってことあるもんね。

勉強になりました。以上です!

公開日:2022/05/11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)