完全母乳で育てていたら嵌った落とし穴

娘は、まだ入院中の時、乳の出が悪かったのか飲むのに慣れていなかったせいか(両方かも)、体重が標準より少し減ってしまっていました。そして退院時に、しばらくは直乳(直接おっぱいに口をつけて飲ませる)以外に、搾乳(母乳をしぼったもの)を一定量プラスで飲ませるように言われていました。

夜な夜な、搾乳器で乳をしぼる。これがけっこう大変で、眠いし痛いし毎回洗って消毒するのもまた。(ミルク混合の方は洗浄と消毒を毎回やってらっしゃるかと思うと・・・)

しかし、徐々に一度に直乳で飲める量も増えてきて、一ヶ月検診の時には搾乳の卒業ができました。もー、おっぱいから直接飲むオンリーだと、ホントに楽で!!ありがたかったです。

ところが、先日法事がありまして、夫の実家に娘を預かって頂くことに。

今まで、買い物で1時間程度なら何度かお願いしてたんですが、4時間はみてもらわねば・・・。ということで、久しぶりに搾乳器を消毒して、朝からしぼる。しぼる。泣いてご迷惑かけてはいかん、余ってもいいから多めにとっておこうと、頑張ってしぼる。

そしてお願いし、戻ってきてみると全然飲んでいなかった。

お義母さん曰く、「ちょっと泣いたからあげてみたけど押し戻しちゃったの」ということらしく。

タイミング良く泣き出して、今度はさすがに空腹だろうと、あげてみる。

全力拒否。ギャン泣き。

しばらく格闘したものの、諦めて直接おっぱいをあげたら、待ってましたといわんばかりの食いつきぶり。これはつまり・・・おっぱいに慣れちゃってほ乳瓶じゃ飲めなくなっちゃったんだ・・・orz

私の大量の血液、グッバイ。(母乳は血液からつくられてるそうです)あまりにもったいなくて牛乳代わりに料理とかに使えないかとか迷いましたが・・・、さすがにやめました。

公開日:2010/10/26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトはスパム対策のため Akismet プラグインを利用しています。コメントデータの処理方法はこちらをご参照ください。

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)