2014
10
10

パスワードで任意の印鑑画像を挿入するExcelVBA

仕事でExcel使ってると、見栄え的に印鑑っぽい画像を使いたいってこと、ありませんか?そういう場面に出くわしたので作ってみたサンプルです。


イメージ

141010-1

予めB2セルに画像を挿入するよー、ということにしておいて(セル範囲は変えられます)、起動ボタンを押します。

141010-2

パスワードを聞かれるので、入力すると、

141010-3

そのパスワードに対応する画像が挿入される、という感じ。あとその日の日付も入れてみました。

パスワード、と言ってもコード画面見ればバレバレなので、確実にその人が押したというものを確約するようなものではありません。(VisualBasicEditorをパスワードロックする、ということはできますが。)誰でも購入できるシャチハタの印鑑を押した、程度の感覚です。

画像の用意

必要な人の分の印鑑画像を作成してください。拡張子は背景透過のpngが良いんじゃないでしょうか。今回、例ではこの3つを作ってみました。

141010-4 141010-5 141010-6

人名の他にも、業種によっては「済」「合格」なんて印もあると便利かもしれませんね。

画像編集ソフト何にも持ってない!という方には、こちらの記事がお役に立てるかもしれません。(こちらで紹介してるアイコンもpng画像です。)

コード

ではいつものごとくこちらの記事を参考に準備して、このコードをコピペします。

動作確認はExcel2013/Win7です。ハイライト部分のセルを、お好みで指定してください。

解説

8~12行目では、指定範囲に既に画像があった場合、それを削除しています。続けて使いたいとき、既にある画像を手で削除しなきゃいけないのが面倒だったのでつけましたw 必要ない場合はこの部分はいりません。

14~17行目が、実際に画像を挿入している部分です。この例ではCドライブに画像ファイルを入れてありますが、場所は任意で構いません。もちろんパスワードと画像ファイル名が同じである必要はありませんで、ここもお好みで設定してください。

19~25行は、挿入した画像の大きさをセルに合わせて変更している部分です。

セルにぴったり合わせるならこう書くべきなのですが、あんまりぴったりすぎて枠とくっついちゃうのが微妙に思ったので、ちょっと余白をつけるために0.9掛けしています。

縦横比を無視してセルに合わせたい場合

141010-7

ちょっと極端な例ですが、縦横比無視でセル範囲に合わせたい場合。(この例ではC4:E7です。)

4行目でセル範囲を指定して、21行目で縦横比固定を解除してやります。後は同じです。

以上です!どなたかのお役に立てたら光栄ですー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 618
  • RSSを登録

公開日:2014/10/10


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top