iPhoneアプリ版Dropboxのスキャン機能が超便利

iPhoneアプリ版Dropboxのスキャン機能が超便利

クラウドドライブはDropboxを愛用していてPC間の同期のスムーズさをめちゃめちゃ気に入っているのですが、ここ数年モバイル版アプリの進化がすごくて、知らないうちに実装されていたスキャン機能を試してみたら何これ超すごいじゃん! と感動しました。


ご注意

この記事のスクリーンショットは2022年3月現在のものです。

もう手放せないクラウドドライブ

Dropbox クラウド ドライブ – 写真保存&動画シェア
Dropbox, Inc.

ほかにもいろんなサービスあるし、そもそもAdobeのCreativeCloudを契約しているんだからそっちのクラウドドライブを使ったほうがいいじゃん! 結構なお金払ってるんだから! と、Dropboxは2GBの無料版を長く使っていたのですが、ストレスのない同期や使い勝手の良さが飛び抜けていたので我慢できず、昨年からDropboxにも課金をはじめました。容量の心配要らないし台数制限もなくなったしめちゃめちゃ快適~~!

そのなかで、今回はモバイル版のスキャン機能のお話です。Android版にもこの機能があるのかわからないので、本記事で紹介するのはiPhone版のみです。

使ってみる

私は本の挿絵作業でまずは手描きのラフをpngにして原稿に貼り付けるんですが、ペンタブ使ってペーパーレスで描くか、PC前にいないときはそのへんのメモ帳に描いたりもします。それを取り込むのにめちゃめちゃ重宝します。

まず左下の「ファイル」アイコンをタップして、スキャンしたものをアップロードしたいフォルダに移動(後でも指定できる)して、上のほうにある「スキャン」をタップ。

カメラが起動するので描いたメモを撮影します。わざと斜めに撮っていますが、勝手に紙の大きさを検知してくれてます。

撮っただけでもう、コレ!! 歪み補正からコントラスト調整までもう終わってる!!! この時点でキレイなのでほとんど補正したことないんだけど、下部のスライダーアイコンからもうちょっと調整できます。

こんな感じの画面で角度の変更やコントラスト調整とかできます。あんまり使ったことないけど。

さっきの画面に戻って、右上の「次へ」をタップすると、

保存画面になります。ファイル形式はpngとpdfどちらか選べて、画質も調節できます。最初に選択してたフォルダが保存先になってるけど、ここで変更もできます。最後に右上の「保存」をタップするだけ。かんたん……!!

こんな感じで、適当に撮って保存、撮って保存、ってするだけで勝手にキレイに補正された画像がDropboxにアップされる~~! あとはPCで原稿開いて貼り付けるだけ!!

以上です。愛用しています。

公開日:2022/03/22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)