卵白・卵黄使いきりのふわっふわシフォンケーキ

子供の頃、母が作ってくれてたシフォンケーキが手作りなのにふわっふわで美味かったんだよなぁと思い出してレシピを聞いてみた。バレンタインも近いし備忘録的に書いておく。

シフォンってふわふわ感を出すために卵白が多めなことが多くて、卵黄がいくつか余るから困るんだよなーと思ってたら母も同じことを 思ったらしく、卵白・卵黄が同じ比率のレシピを編み出したそうな。


材料

  • ※A 薄力粉 120g
  • ※A ベーキングパウダー 3g
  • 卵黄 5個(L玉)
  • 砂糖 40g
  • サラダオイル(温めたもの) 65g
  • オレンジ絞り汁(オレンジジュースで代用可) 65g
  • ホワイトキュラソー 5g
  • 水飴(40℃くらいに温めたもの) 40g

↓別ボウル用

  • 卵白 5個(L玉)
  • 砂糖 60g
  • 塩 ひとつまみ

作り方

  1. Aをあわせてふるっておく
  2. ボウルに卵黄と砂糖を入れ、湯煎にかけながら白っぽくなるまで混ぜる
  3. 2に水飴を少しずつ入れ、更によく混ぜ、サラダオイル、オレンジ汁、ホワイトキュラソーの順に入れながら混ぜる(この時点ではかなり水っぽくなっちゃうけど気にしない!)
  4. 別のボウルに卵白を入れ、白っぽく色が変わるまで泡立てたら塩ひとつまみ、砂糖を少しずつ入れながらしっかりしたメレンゲをつくる(ツノがたつまで)
  5. 3へ粉をふるいながら少しずつ混ぜる
  6. 4のメレンゲの1/3を入れ軽く混ぜ、残りのメレンゲも入れ泡を潰さないように切るように混ぜる
  7. 21㎝シフォン型へ流し込んで、余熱しておいた160℃のオーブンで35~40分焼く
  8. 焼き上がったらすぐに逆さまにして冷ます(自重でしぼむので)
作り始めてからはスピード勝負(特に卵白の泡が消えないうちにオーブンへ入れたい)なので、材料と道具はあらかじめ全部用意して作り始めるのが吉。私の場合、材料用意完了→オーブン余熱開始→だいたい5くらいのときに余熱完了→オーブンへという流れが多いです。

オレンジジュースを紅茶(濃いめ)とかにすると紅茶シフォンになります。

公開日:2011/02/12

コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)