今のWebサイトビルダーってすごい…

私が初めてWebサイトというものを作ったのって中学生くらいのとき(90年代末だったような…、世紀末…、、)だったんですが、そのときはFrontPageという今の若い人は知らないであろうMicrosoft製のビルダーがありましてね。そのあとホームページビルダーとかも使ったりもしましたが、ローカルで作ってサーバー借りて、大量のgifとかjpgとかhtmlファイルをこまごまとFTPソフトでアップロードして…という思い出が強いんです。

それが今。アカウントを取得するだけでデザインもページ構造もサーバーまわりの設定もめんどくさいこと一切無しで、ぜーーんぶオンラインでやってくれちゃうんですね…。写真とテキストさえあれば、あっという間にサイトが公開できちゃう…。しかも無料とか…。知らないうちに未来がきていた…。

そんなこんなで、今回使わせてもらったのはこちら。

世界1億ユーザー突破!Wixで無料ホームページを作成しよう!簡単ウェブサイトビルダーで自由にカスタマイズ。プログラミングは一切不要。自分だけの素敵なホームページをデザインできます。

以下、使い始めからデモサイトを1つ作るまでのスクショです。

ログインしてさわってみる

まずはログイン。アカウントを作成します。私はメールアドレスを使ってアカウントを作りました。

この時点ではユーザー名は自動で生成されたもののようです(右上)。ユーザー名は後で変更できます。

いざ作成開始。豊富なテンプレートから好みのものを見つけるために、ざっくりしたカテゴリを聞かれます。進んだ先でも選び直せるのでどれを選んでも大丈夫。

いろんなジャンルが豊富にあってスゴイ。テンプレートを選んで、「表示」をクリックすると、ページの詳細を確認することができます。これが、どれもクオリティが高くてまたスゴイ。しかもスマホ対応のデザインまで確認できます。

以下、いくつか見てみた感想。

ネットショップ

3枚の画像がスライドショーで動くトップページ。

一覧ページから個別ページ、ショッピングカートまでついてる…。マジか…。。

ABOUTとかCONTACTのページも。バッチリやん…。

工務店

中小企業のWeb担当(私)にストライクなテンプレート。零細~中小だけど自社HP、いまどきナイってわけにいかないからどうにかしたいなぁって思っている人はたくさんいるはず。

地図までつけられるー!!!

パン屋さん

自営業の方こそ、自社サイトほしいですよね…。

ひととおりのページは揃ってるし、追加もできるみたいです。

ポートフォリオサイトを作ってみる

試しに1つ、作ってみました。自分の撮った写真を並べたポートフォリオサイトという設定でやってみます。

テンプレートを選ぶ

個人向けのカテゴリの中から好きなものを選びます。いっぱいあるから悩む…!

コレにしました! 写真をクリックするとその作品の詳細ページに飛べて、ブログもついてる形です。ではこのテンプレートを自分のコンテンツに差し替えるべく、「編集」をクリックします。

編集

編集画面になりました。編集用のツールを操作することでカスタマイズできます。ブログやカートがついていないテンプレートへも、ここから追加することもできるようです。

タイトルテキストを変更します。クリックすると「テキストを編集」というツールが現れたりして、直感的に操作できます。

画像をクリックして「画像を追加・管理」のツールから、自分のものに差し替えてみます。

既存画像を削除し、「画像を追加」から、アップロードしたところ。それぞれの画像に対するリンク設定をします。

既存の画像にすでにリンクが張ってあったので、そのままのページでよい場合は右上の「画像を変更」のほうが楽だったかも…、って後で思いました。

ちなみにこちら、ぱくたその自分の写真を使っています。

存在するページの中から選択して、画像にリンクを張れます。

画像の設定を完了すると、自分の写真が反映されました。他のページも編集してみます。左上の「ページ」から選べます。

ページの一覧です。さっきのリンクの選択肢はここが元になってるんでしょうね。ページは作成も削除もできますし、名前の変更もできます。ページ切り替えのアクションまで選べるみたい。スゴイ。

子ページの1つ。同じように画像をアップロードして差し替え、テキストも変えてみました。

ちなみにこの子ページ、デフォルトは非表示でしたが「表示する」を選択してプレビューで見てみると、

メニューの親ページリンクにマウスを載せたときに、子ページのリンクが表示されるようになります。

モバイル表示確認

エディタに戻って、モバイルのアイコンをクリックすると、モバイル表示の確認ができます。

なんにもしてないのにすでにもうカッコよくできてる…! すき…!!

保存と公開

そんなこんなで他のページも整備して、いったん保存します。

初回の保存時には、URLとなる文字列を設定します。ここで、ドメイン部分にはユーザー名が使われます。これ、最初に自動生成されたものだとちょっと気になるので、変更します。

アカウント設定のページへ行きたいので、いったんエディタを終了します。

管理者ページになりました。アカウント発行からそのままの流れでサイトの編集へ行ってしまったので初めて訪れましたが、今後ログイン後はここへ来ます。ここからアカウント設定のページへ。

ユーザー名を変更します。

管理ページへ戻って、「Portfolio」の管理画面へ。

このページからサイトの全体的な設定が行えます。「サイトを編集」で、さっきのエディタを開くことができます。

OKになったら、いよいよ「公開」をクリック。

これで、公開。なんてかんたんなんだ…。

ちなみにユーザー名変更してすぐ公開したら、公開されたURLはちゃんと変更後のものだったのですが、ここの表示はまだ反映されてなくて変更前のものになってたので、いったんログアウトしてから入り直したほうが良かったかもしれません。

確認

発行されたURLを確認。こんな短時間でサイトがちゃんとできてる…! これは無料版でやったので上下にWixの広告が出ています。

ブログの記事編集

ここまで使ってきたエディタはレイアウトの編集を行うものなので、ブログがあるテンプレートの場合、記事の中身は変えられません。

記事自体は、管理ページからサイトを選択して、「アプリを管理」の「ブログ」から編集を行います。

デフォルトで用意されていた記事一覧が開きます。新しく記事を追加したり、既存記事の編集を行うことができます。

編集画面はこんな感じ。

おわりに

ホントにノンプログラミングでいけちゃうし、もちろん自作にくらべれば自由度は制限されるものの、とにっかくテンプレートが豊富ですごくオシャレなものばかりなので、素材差し替えだけで下手にいじらないほうが絶対かっこよくできるよな、という感想。

特に、私のように中小企業のWeb担当だけど、デザインやWeb言語の知識がないという場合や、あんまり手間も工数もかけられず「サクっと」「とりあえず」作りたい! みたいなときにはうってつけなのでは、と思いました。

ただ、エクスポートやインポートはできないみたいなので、情報量が多いサイトや、移転の可能性が予めわかっているのならWordPressとかそういうCMSのほうが向いてるんでしょうね。

でも、CMSとなるとまったくの知識ナシは厳しいし、さすがに「サクっと」は難しいので、サイトの規模や目的によってはこういうのも全然アリなんだなー、と。有料版にすれば独自ドメインとか広告非表示とかもできるし、見栄えは本当に良いと思いました。WordPressで独自ドメインにしようと思えば結局お金かかるんだし、1つの選択肢として、ビルダーもいいものなんだなぁと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 651
  • RSSを登録

公開日:2017/09/27
更新日:2017/09/28


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top