Androidで使える高機能PhotoShop

Adobe Photoshop Express Adobe Photoshop Express
Adobe Systems
価格:無料

Androidでもフォトショがあるなんて!せっかく良いものがあるのに、もっと調べてみないとダメですね。

使ってみる!

120518-01

アイコンはこんな感じ。

120518-02

起動画面は、青。

120518-03

写真の一覧を取得します。新しいものが上に来るみたいです。地味に便利。

120518-04

設定ボタンから編集を選びます。横向きでやってみました。

編集

120518-05

切り抜き

120518-06

わりとポピュラーな機能。プリインストールされている画像編集アプリでもできますね。

120518-07

しかしここからが一味違う。比率固定で切り抜けちゃう。

120518-08

比率固定したまま選択範囲を拡大縮小できちゃう。さすが。

角度補正

120518-09

はしっこをスライドさせると、微妙な角度で回せます。

回転

同じようにスライドして、90°単位で回転できます。

反転

上下左右にスライドさせると反転します。ぺらっとめくれる感じで気持ち良いです!

イメージ

120518-10

どれも右方向でプラス、左方向でマイナスといった具合にスライドさせることで効果の適用量が調節できます。

露光量

120518-11

ちょっと明るすぎちゃったかなーという時、マイナス方向にかけると良い感じです。

彩度

120518-12

色の鮮やかさを調節。左いっぱいにするとグレースケールになります。

着色

120518-13

単色画像に。セピアなんか使いやすいかもですね。

白黒

120518-14

ワンクリックでグレースケールに。

コントラスト

120518-15

明るいところはより明るく、暗いところはより暗く。ちょっとねぼけた感じに撮れちゃった画像もパキっとします。

明るさ

120518-16

全体的な明るさの底上げができます。もちろん暗くも。

ソフトフォーカス

120518-17

ほわんと優しい感じになるのが魅力のソフトフォーカスがワンクリックでかけられるのも素敵。

120518-18

花とか、犬猫画像とかに似合いそう。左右にスライドで適用度を調節できるのがまた良いですねー。

エフェクト/フレーム

120518-19

どれもクオリティが高いです。抜粋してご紹介。

鮮やか

120518-20

さっきの“彩度”からも手動でできますが、お手軽に。

周辺をぼかす

120518-21

対象を際立たせたいときとか。

ウォームヴィンテージ

120518-22

これちょっと素敵ですね。オシャレ。

ホワイトグロー

120518-23

ソフトフォーカスよりもうちょっと白強いかな?

ソフトエッジ

120518-24

四辺がフェイドアウトしたみたいなフレーム。

ハーフトーン

120518-25

ちょっとポップな感じのフレーム。

フィルムエマルジョン

120518-26

ざっくり切り抜いたみたいな感じのフレーム。

他にももっとあるので、試してみてください!

保存

120518-27

同じディレクトリに別名保存されますので、オリジナルは残ります。

アップロード

120518-28

設定ボタンからアップロードできます。

120518-29

この中から選べます。。

120518-30

こんな感じでつぶやけます!

まとめ

もっと早く知っていれば良かった!と、ちょっと悔しい気持ち。携帯のカメラがどんなに高性能になっても、やっぱり撮った写真そのままだと、ちょっと暗いなー、コントラスト弱いなーとか、いろいろ思うところがあったりするのを、これだけ高性能ならその場で直してSNSへアップロードできるっていうのがすごい。

PCでフォトショ使い慣れてる人なら難しいところもないし、無料でこれは文句なしで素晴らしいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 647
  • RSSを登録

公開日:2012/05/18
更新日:2014/01/06


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top