2012
7
17

GoogleAdSenseを導入してブログに広告を表示する -審査編

WordPressでブログを構築したとき、レンタルと違って広告が入らないのがいいなぁと思っていました。でも、ちょっと心変わりしてしまいました。(審査が通れば)皆様には若干煩わしくなるかと思いますが、ご容赦頂けるとありがたいです。


PVが増えてきたので…

当初、どうせそんなにアクセスが伸びるわけないし、ブログで収入なんて得られるわけないから広告なんか入れなくてもいいやーと思っていました。

思っていたんですが。このサイトなど色々調べてみたら、ざっくりですが、月に1万PVを超えると1,000円くらいになる…!?(最低支払額は累計で約10,000円から)

何かの記事がSNSで爆発してどかーん!という経験はありませんが、有難いことにじわりじわりとPVは増えておりまして、ここ最近平均400PV/日を超えてきているので、今後を見据えれば、いけるかも…(;゚д゚)ゴクリ… 私も未だ大学の奨学金を月々返済している身(切実)、ちょっとでもお小遣いになれば!と思い、導入に踏み切りました。

アドセンス?アドワーズ?

よく耳にしませんか?迷ったので調べてみました。adsenseが広告を掲載する媒体側(自分のサイト)で、adwordsは広告を出稿する側(企業とか)ということらしいです。今回のケースは間違いなくadsenseですね。

AdsenseとAdwordsの違いって、広告主と広告媒体の違い -それ図解で。・・・tohokuaikiのチラシの裏

GoogleAdSenseとは?

Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。(中略)コンテンツ向けAdSenseは所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みである。

クリックするだけで報酬になるんですね、知らなかった。あ、でももちろんのことですが自己クリックは収益から外されるどころか、悪質だとアカウント停止になっちゃいます。第三者にクリック依頼したりするのもダメみたいです。地道にいきましょうということですね。

1次審査

自分のサイトや個人情報に関わることを登録します。通過すればメールが来るそうで、1週間くらいって書いてあったので、気長に待ちますかーと思ってたら10分くらいで来ましたw 早すぎだろうww

恐らく、1次審査は実際にそのサイト・メールアドレスが存在するか程度のものなんじゃないでしょうかね。サイトの規模くらいは見てるのかな。

2次審査

1次を通ったら設定画面へログイン出来るようになるので、そこで広告のサイズやタイプを登録、コードを貼り付けなどします。

120717-1

かなりサイズにバリエーションがあるので、サイトに合うものを選べますね。広告を設置すると2次審査が始まるようです。

お申し込みサイトに広告コードを挿入していただいた後、広告の表示回数が特定のインプレッションを超えた時点で 2 次審査が開始されます。審査の間、サイトには実際の広告の代わりに空白が一時的に表示されますが、エラーではありませんのでご安心ください。

とのことですので、現時点では空白のモノが表示されていますので、ご了承ください。

  • アドセンスの審査基準 -グーグルアドセンスの使い方(GoogleAdSenseで稼ぐためのHP作成ガイド)

審査に関しては、WordPressで構築していて、そこそこコンテンツがあればきっと大丈夫!と自分に言い聞かせています。がんばってくれー!という感じで、しばし待ちです。2次審査を無事通過できたら、また続きを書きたいと思います!

2012/7/18追記:2次審査通過しました!続きの記事はちらです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 618
  • RSSを登録

公開日:2012/07/17
更新日:2014/02/26


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top