2015
1
06

ExcelVBAで乱数を取得して、簡易おみくじを作ってみる

2015年の1本目の記事です。あけましておめでとうございます!本年も、Ateitexeをどうぞよろしくお願い致します。なにかお正月っぽいこと書けないかなーと思って、ネタ的に作ってみましたw


準備

150106-1

いつものごとくこちらの記事を参考に、ボタンを押すとプログラムが起動するようにしておいてください。

コード

まず5行目、おみくじの結果を配列に格納しておきます。1文字のものには両側に半角スペースを入れておくと、表示が乱れなくて良いかも。

8行目、Rndという関数は0以上1未満の単精度浮動小数点数型(Single型)の乱数を返すというものです。これを利用して、0~6の整数(ゼロも含めて7つのおみくじ結果に対応)をランダムに取得します。

11~13行目で出力する文字列を生成します。Chr(13)は出力上での改行、_はコード画面上での改行を意味します。(コードを読み易くするためのもので、1行で書いてしまっても動作に影響はありません。)

12行目の真ん中におみくじ結果を入れます。oracle(i)と書いてありますね。iが先ほどランダムに取得した整数なので、その数値によって

  • oracle(0) … 大吉
  • oracle(1) … 中吉
  • oracle(2) … 小吉
  • oracle(3) … 吉
  • oracle(4) … 末吉
  • oracle(5) … 凶
  • oracle(6) … 大凶

最初に定義した配列の内容が入ります。

こちらを参考にさせていただいています。ありがとうございます!

動作

ボタンを押すと、はい!

150106-2

押すたび、ランダムな内容が表示されます。

非常に簡単なつくりですが、まぁ、ネタとしてw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 618
  • RSSを登録

公開日:2015/01/06


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top