2013
6
10
Androidの電話帳アプリが起動しなくなり、セーフモードで検証してみた話

ちょっと前から、電話帳アプリを起動しようとすると強制終了してしまい、新規登録や編集ができなくなって困っていました。解決したのでメモがてら。


経緯

電話帳自体はプリインストールされたものを使っていたのですが、電話はこちらのアプリを使っていたので、発着信は問題なく出来ていました。

電話帳R 電話帳R
SHOGO [studiofly apps]
価格:無料

でも、編集・登録はプリインストールの方の電話帳じゃないとダメみたいで、そちらが立ち上がらない。何度か再起動したりしてみたのですが変わらず、さすがに困ってDocomoショップに相談へ。そこのお兄さんにセーフモードを試してみましょうと言われました。

セーフモードとは

プリインストールされているアプリのみの起動(工場出荷時に近い状態)で、Android端末を立ち上げるモードのことだそうです。

セーフモードでもそのアプリが起動しなければ故障の疑いあり、起動するならユーザーがインストールしたアプリとの競合(相性が悪い)の可能性が高いという判断ができるらしいです。

参考

ちなみに私の使っている端末(AQUOS PHONE f SH-13C)の場合は、電源を入れてDocomoロゴが表示されたらすぐにメニューキー(左下の「三」)を押して、そのまま起動しきるまでそのボタンを押し続けるというものでした。

セーフモード解除は、電源を一度切って普通に再起動すれば通常モードになりました。

セーフモードでは電話帳アプリが起動した

あっさりセーフモードで立ち上がる電話帳w なんかすみません…。。最近インストールしたアプリに原因がありそうということなので、あとは自分で検証することにしてDocomoショップを後にしました。お会計は無しでした。お兄さんありがとうございました!

自宅にて、最近入れたと思われる数個をアンインストールしてみたら、あっさり電話帳復活。ええー。この時点で直ると思ってなかったので、げ、原因はどれだったんだ!と、今度は消したアプリをひとつずつ再インストールして確認してみたら、全部入れても電話帳は立ち上がるという…(´;ω;`)

結局、どれかのアプリのインストール時の環境(もしくは、バージョン?)が相性が悪かったのかなー、ということしか分かりませんでした。

何かあったとき、試してみるのがいいかも

とはいえ、今後も起こらないことではなさそうなので、覚えておこうと思います。

ご注意

  • 端末によってセーフモードの起動方法が違うみたいなので、メーカーのHPから取扱説明書をご参照ください
  • セーフモードは通常の起動状態ではないので、長時間使用はよろしくないみたいです
  • 万が一何が起こるかわかりませんので、事前のバックアップをお忘れなく!

困ったら、試してみると何か分かるかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly 618
  • RSSを登録

公開日:2013/06/10
更新日:2014/02/26


コメントを残す




*印は必須項目です。コメントは承認制ですので、反映までしばらくお待ち下さい。(稀にですがスパムの誤判定にて届かないこともあるようですので、必要な際はお問い合わせからお願い致します。)


back to top